セックスがしたい女

「人生は冒険か、平凡の2つである。」

セックスがしたい女


処女のセックス
私はセックスがしたい女ですわ。エロいわー。
もっともセックスしたいと思っているだけやんね、そんなんカンタンにできませんわ。怖いわー。
私は世間を敬遠して家に引きこもっている女やもんね。家でひたすら図書館で借りてきた本を読む日々ですわ。こんな忙しい私相手にセックスの相手なんていませんわ。イヤやわー。
お金には困っていませんわ。親が残してくれた家と貯金あるからね。毎日コンビニのおにぎりでも飽きませんわ。固定資産税うざいわー。
まあ貯金もいつかは底をつきますわ。でも、その時は家を売って生活保護貰うつもりやから、老後は安泰ですわ。悠々自適やわー。
でもセックスの相手だけは日本は探してくれませんわ。これは自分で探さなあかんやんね。図書館でエロい小説借りて読んではムラムラしてますわ。ほてるわー。
そんな時に「出会い系サイト」と言うものを知ったんですわ。図書館で借りたエロい小説に書いてあってね。セックスしたい男が群がってくるそうでね、セックスがしたい女にとってはオアシスに思えましたわ。相手なんて誰でもよかったですわ。チンコ入れてもらうだけやからね。お手軽やわー。
そして、その小説に書いてあったように、ネットカフェに行って「出会い系サイト」を検索して登録したんですわ。私、お金持ってるから騙されるかもしれへんけど、生活保護貰う時期が早まるだけなんで、お金は全然惜しくはないですわ。むしろ、こんな50手前のおばちゃんを抱いてくれる男がいたらおこづかいあげたいくらいですわ。お得やわー。
男ってアホですわ。年齢を20くらいサバ読んだらウジャウジャと群がってきましたわ。こちらはヨリドリミドリちゃんですわ。浮かれるわー。
そんなわけで明日20歳年下の男と会うことになりましてん。夢壊しちゃあかんから化粧せなあかんし、風呂も入ってマンコ洗っとかなあかんけど、ガス止められてるから風呂沸かされへんし水風呂ですわ。ネカフェにお金使ったから夕食は水やね。知っとる?水道代払わんでも水は簡単には止められへんねんで。日本甘いわー。
家出掲示板
神待ち掲示板

I BUILT MY SITE FOR FREE USING